88171.net

IIJmioひかりへ

先日、自宅のWAN回線をIIJmioひかりに切り替えた。 数年前にフレッツ光から@T COMヒカリに「転用」済みだったので、今回行なった手続きは「光コラボレーションモデルの事業者変更」だった。 どうでも良いけどネーミングがどれもこれもゾワゾワする。

最大のモチベーションはIPv6 IPoE接続への移行で、表立って体感できる違いも特に無いのだけど、まあ無事に切り替えが終わって満足している。


昨年(2020年)のQ2頃、世情に違わずウチのWAN回線でも実効速度がかなり落ちた時期があった。 同時期に、仕事関係でとあるISPから「網終端装置の輻輳が原因」という情報をもらったので、ウチも同じ原因だったんだろうと思う。

将来性を考えても「ならばIPv6だ」ということになるわけだけど、@T COMではv6プラスの利用に「ひかり電話(HGWレンタル込)」もしくは「Wi-Fiルーターレンタル」の契約が必須条件だった。 手段が目的からあまりにも乖離しているし、不必要な機材のレンタル契約なんて到底飲むことはできなかった。

そんなこんなで悶々としていたのだけれど、先日のエントリを書きながらふと思い立って調べたところ、ちょうどIIJがキャンペーンをやっていることを知った。 契約解除料や手数料がほぼペイできる計算になるし、モバイル回線とセットで月々の割引もあるし、何よりtransixが無料・無条件で使えるということで、俄然やる気になった。

実際に手続きに着手してから一週間で完了した。 その間、電話を二本とWebでの手続きが一回。 工事はNTT局舎内のみだったので、ほとんどが純粋な待ち時間だった。


失うものは何もなかったのかと聞かれると、そうでもない。

まず、外から自宅へのアクセスを諦めた。 具体的にはVPNと、自宅で常時稼働しているNASへのSSHが死に、さらに将来自宅サーバを立てることも(現実的に)不可能になったが、いずれも困るほどのことではないので潔く諦めることにした。

あと、そこそこ長い間使ってきたRTX810がDS-Liteに対応していないので、退役させざるを得なかった。 RTX830への買い替えも脳裏をよぎったが最早モチベーションは全くなく、普通に電器屋でBUFFALOのWi-Fiルータを買ってきてリプレースした。

心なしか、少し身軽になれた気もする。