88171.net

自分向け Gentoo Cheat Sheet

本家: https://wiki.gentoo.org/wiki/Gentoo_Cheat_Sheet

パッケージ管理

パッケージリポジトリを更新

# emerge --sync
※現在の実装では emaint --auto sync と等価

パッケージを検索

$ emerge --search <pattern>

パッケージをインストール

# emerge --ask <ebuild>

@worldをアップデート

# emerge --ask --update --deep --changed-use @world

@worldからの依存関係ツリーに存在しないパッケージを削除

# emerge --ask --depclean

パッケージをアンインストール

# emerge --deselect <ebuild>
# emerge --ask --depclean

インストール済みパッケージの一覧を表示

$ equery list \*

特定のパスもしくはファイル名がどのパッケージに含まれているかを表示

$ equery belongs --early-out <path>

パッケージに含まれるパスの一覧を表示

$ equery files --tree <ebuild>

パッケージのUSEフラグを表示

$ equery uses <ebuild>

パッケージデフォルトの設定ファイルをマージ (diff/mergeツールを設定しておくのがオススメ)

# dispatch-conf

キャッシュ(不要なdistfiles, binary packages)を削除

# eclean --deep distfiles
# eclean --deep packages

カーネル管理(genkernelを使用)

インストール済みカーネルソースの一覧を表示

$ eselect kernel list

指定したカーネルソースを /usr/src/linux のリンク先に設定 (sys-kernel/gentoo-sourcesのUSEフラグに symlink を設定するとアップデート時に自動で)

# eselect kernel set <n>

カーネルおよびモジュール一式をコンパイルしインストール

# genkernel all

GRUB2の設定を更新 (genkernelに --bootloader=grub2 を指定するとインストール時に自動で)

# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

最新nバージョンを除いた古いカーネルをブートローダ設定含め削除

# eclean-kernel --ask --destructive -n <n>

サービス管理

defaultランレベルにサービスを追加

# rc-update add <service>

サービスの起動・停止・状態表示

# rc-service <service> {start|stop|status}

サービスの一覧を表示

# rc-config list

defaultランレベルからサービスを削除

# rc-update delete <service>

セキュリティ関連

セキュリティアドバイザリ(GLSA)に該当するインストール済みパッケージを表示

$ glsa-check --test affected