88171.net

MacTex

しばらく前にがっつりめのドキュメントを書くためにmacOSにHomebrewでTeX環境を作った時のメモが出てきたので、体裁だけ整えて置いておく。

インストール

3種類ある。

$ brew search tex
*snip*
If you meant "tex" specifically:
There are three versions of MacTeX.

Full installation:
  brew install --cask mactex

Full installation without bundled applications:
  brew install --cask mactex-no-gui

Minimal installation:
  brew install --cask basictex

GUIアプリケーションは不要なのでmactex-no-guiをインストールした。 かなりデカい。 basictexでも良いのかもしれないけれど試していない。

更新履歴を載せる

vhistoryを使う。 rcsでも良かったが粒度が細かすぎるきらいがあったのと、あとLogがうまく出なかった。

\usepackage[tocentry,owncaptions,hideauthorcolumn]{vhistory}
\renewcommand{\vhhistoryname}{更新履歴}
\renewcommand{\vhversionname}{版}
\renewcommand{\vhdatename}{更新日}
\renewcommand{\vhchangename}{概要}

\def\docauthor{筆者}

\begin{versionhistory}
    \vhEntry{1.0}{\today}{\docauthor}{初版作成}
\end{versionhistory}

hideauthorcolumnオプションはドキュメントには載っていない気がするが、ソースを見たらあった。

ページのヘッダ・フッタ

fancyhdrと、ページ総数を入れるためにlastpageを合わせて使う。

\usepackage{fancyhdr,lastpage}
\pagestyle{fancy}
\renewcommand{\headrulewidth}{0.4pt}
\renewcommand{\footrulewidth}{0.4pt}
\lhead{}
\chead{\doctitle}
\rhead{}
\lfoot{\vhCurrentDate (v\vhCurrentVersion)}
\cfoot{}
\rfoot{ページ \thepage{} / \pageref{LastPage}}

vhistoryの最新のエントリから、最終更新日と版数が\vhCurrentDate, \vhCurrentVersionで取れる。便利。 初版以降の更新の際は、まずvhistoryのエントリを追加してから手をつける流れにするのが良さそう。

URLを記述

urlを使う。それだけ。

\usepackage{url}
\url{http://example.com}

電話番号とか似た感じで扱いたければ、

\DeclareUrlCommand\tel{}
\tel{000-0000-0000}

項名を参照

namerefを使う。 項番号とついでにカッコも一緒に記載するには、\refコマンドと\namerefコマンドを組み合わせた新しいコマンドを定義する。

\usepackage{nameref}
\newcommand*{\fullref}[1]{「\ref{#1} \nameref{#1}」}

画像

graphicxを使う。

\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}

\begin{figure}[h]
    \begin{center}
        \includegraphics[width=3.0cm]{Hoge.jpg}
        \caption{タイトル}
        \label{fig:hoge}
    \end{center}
\end{figure}

脚注

罫線なしにする。

\renewcommand{\footnoterule}{}

sectionで自動改ページ

\usepackage{titlesec}
\newcommand{\sectionbreak}{\clearpage}

\paragraphでエラーが出て使えなくなるけど、特に困らないので調べてない。