88171.net

ロックされているRCSファイルを探す

RCSを使っていると、ロックしたまま放置されたファイルがあちこちに出来て辛い。

いや、都度きちんとアンロックすべきなことは明白で前向きに善処する所存にございますが、忘れるものは忘れるのでスクリプトを書いて/usr/local/binあたりに置く。 余談だけど、スクリプトをファイルにまとめる時は面倒がらずにlongなoptionを使いたい。 後で読んだときにさっぱりわからない。

#!/bin/sh
locate \*,v | \
    xargs --no-run-if-empty --replace find {} -user $USER | \
    xargs --no-run-if-empty rlog -L -h

locateが気に入らなければfind /しても良い。 耐えられるのであれば。

実行するとこんな感じのがずらずらっと出てきて捗る。

RCS file: /etc/aliases,v
Working file: aliases
head: 1.13
branch:
locks: strict
    root: 1.13
access list:
symbolic names:
keyword substitution: kv
total revisions: 13
=============================================================================
… more

GitでBlosxomに記事を投げる

Blogging --and, indeed, any online publishing-- should be as simple as typing away in your favourite text editor and hitting Save.

blosxom :: the zen of blogging

この潔さはBlosxomの美点なんだけど、デバイスもネットワークも多様化したこのご時世だからこそ、手持ちの端末でいつでもどこでも快適にSSHできるとは限らないし、手元でMacDownみたいに素敵なエディタを使いたいことだってある。

そこでナウいエンジニアの皆様が大好きな 「Gitでpushしてapplicationをdeploy」 を応用してみましょう、と。

ファイルの更新時刻

まずいきなり細かい話から始めると、今回Blosxomには一切手を入れてなくて、単に$blosxom::datadirにGitリポジトリを指定しているだけ。 なので、ファイルの更新時刻をきちんと管理しないとGitが書き換えまくって大変なことになる。

… more

Apache Web Serverのパフォーマンスを最適化する

これはMatthew Nuzum氏による2013年の記事、 "How To Optimize Apache Web Server Performance" (CC BY-NC-SA 4.0) を日本語訳したものです。

元記事がクラウドインフラのプロバイダである DigitalOcean のサイトに掲載されていることからも分かるように、 リソースが潤沢でない(仮想)マシン上でApache HTTP Serverのパフォーマンスを最大限引き出すことが主なテーマとなっています。

元記事の冒頭に、記事内で触れられているバージョンのUbuntuのEOL(End Of Life: サポート終了)に関する注記がありますが、翻訳は割愛します。 記事中の設定例も最新のディストリビューションにはそのまま適用できない箇所がありますが、コンセプトとしては普遍的なものですので、適宜読み替えてください。

… more