88171.net

なぜ今 blosxom なのか

別のVirtualHostで夜な夜なこっそり移行作業を進めて、やっと Tokyo Promenadeから blosxomに乗り換えたわけだけど、

なんでまたそんな古いCMSをわざわざ使い始めたの?懐古主義なの? ドMなの?

と詰問される可能性があるので(ないよ)、あらかじめ防衛線を 張っておこうかな、なんて。

宗教上の理由

今のところこんな宗教たちを信仰しているわけですが、

Tokyo PromenadeだとCのソースコードに抜本的に手を入れないといけなくて 泣く泣く見て見ぬふりをしてきたこれら宗教の戒律(?)たちが、プラグイン かき集め(てちょろっと手を入れ)るだけでぜーんぶ満足できる。 そう、blosxomならね。 あれ?これ、blosxom使わない理由なくね?

あ、ちなみにTokyo Promenadeさんをdisってるわけじゃないです。 堅くて爆速のCMSがチョー簡単に動かせるというのは他を圧倒してるし、 細かいところをいじりたいと思ったときにハードルが高いというのは もはや思想レイヤーの話なので、あーだこーだ言ってもしゃーない。

拡張性

拡張性最強。というかminimalな本体と徹底したプラグイン至上主義が めっちゃ素敵。API自体は質素な印象だけど、その気になればプラグインから 本体をガシガシいじれちゃうあたりも「自己責任で好きにしな!」 って感じでとっても好印象。

こんなことできたらいいのになぁっていうことはだいたい誰かが プラグイン化してくれてるし、ほとんどのプラグインがsnippetレベルなので 読むのもいじるのもラクラク。ただみんな自分の環境用にほとんど 書き捨ててるっぽくて、たまにえっと思うようなトラップが仕込んで あったりするけど、それもまた微笑ましい。同じはずのプラグインでも 派生物がわらわら見つかったりして、そういう文化なんだなぁと思う。 blosxomはMovable TypeやWordPressには太刀打ちできなかった (と思ってる)けど、そもそも土俵が違ったんだと。

将来性

現時点の最新版の2.1.2がリリースされたのがSourceForgeによれば 2008年10月2日とほぼ5年前なので、ある意味将来性なんて皆無。 しかーし逆に考えるんだ、こいつはとっくに枯れきってる! アップデートの手間もなければ仕様変更に振り回されることもない! しかも全体でこの程度の規模なら、自力でどうにでもできるぞ!!

おまけ

とまぁそんなことを考えつつblosxomに乗り換えたわけですが、 嬉しい誤算が一つ。 カテゴリごとにRSSが出力できる!

つまりリア充な皆様がたむろしていらっしゃるSNS界隈には 当たり障りのない日記だけ上げて、こういうヲタ話は気を遣わずに 書き散らせる、ということ。これ、地味に嬉しい。