88171.net

ここで使ってるblosxomプラグイン一覧

できるだけがんばってオリジナルの作者さんのページにリンクしてあるつもり。 運用状況に応じて、気が向いたら更新していくかも。

Markdown

Markdown教徒には必須。 一切手を入れていないし、今後入れるつもりもない。 デコレーション的な意味合いでHTMLソースをどうしてもいじりたい部分は、 後述の自作プラグインで対応してる。

bqprettify

自作。 Font Awesome でblockquote要素をデコレーションするためだけ。

breadcrumbs

パンくずリスト。 階層分けができるからにはこれは欲しい。 ちなみに、拡張子を徹底排除する方向で少し改造済み。

codeprettify

自作。 Google Code Prettify でpre要素を色付けするためだけ。

disqus

microtemplate導入に伴って廃止。

自作。 Disqus のコメントフォームを表示するだけ。

extensionless

cool URI教徒な方がお作りあそばされたプラグイン。 cool URI教徒には必須。

headinglevel

うちは見出しレベルを

というルールにしているものの、 Markdownパーサに手を入れないという原則に従うと 記事中の見出しが困ったことになってしまう。 記事中の見出しを ### から始めるのもデータ的にダサい。 自作しようかと思ったら見事にマッチするプラグインがあったので、 'html' => +2 で使わせてもらってる。

それにしても、作者さんのページのコメント、

個別記事ページのデータとしての最適化を考えた場合、 今時のWeblogツールの多くがどのページをとって見てもサイト名(Weblog名) をh1要素としているのは安易な実装なのではないかと考えたりもするのです。

blosxom plugin: headinglevel - 徒書

うーん、一理ある…。

lastmodified2

きちんとキャッシュコントロールしてくれるプラグイン。 体感速度的にもそうなんだけど、 どちらかというと Last-modified 返さないのが気持ち悪いので。

microtemplate

最初はデフォでいいかなぁと思ったものの、 どうしてもテンプレート内で条件分岐したい要件が出てきたので導入。

notfound

URLにマッチする記事が一つもなかった場合に、 きちんと404を返してくれるプラグイン。 カテゴリのRSSは出したいので skip ルーティンをまるっと削除し、 ErrorDocumentを読んでその内容を返すように改造して使わせてもらってる。

previous_next

archives的なページを作る気がないので、 これを使って古い記事への到達性を(なんとか)確保している。 ちなみにこれも、拡張子を徹底排除する方向で少し改造済み。

search_control

microtemplate導入に伴って廃止。

自作。早い話が tDiarysearch_control.rb

検索エンジンのロボットに、余分なページのインデックスを作らないようにお願いしてみます。

storytitle

titleが $blog_title 決め打ちというのも寂しいので。

template_dir

$datadir にはデータしか置きたくないので。

top

WikiのFrontPage的な機能は絶対に欲しかったものの、 未来の日付でエントリ作るとかダサすぎるから絶対に避けたくて。 地味だけどほんとありがたいです、これ。