88171.net

三十になりましてん

例年のごとく世の中がクリスマスに浮かれる中、三十年間生きてこれたことへの感謝を噛み締めながら、部屋で独りジャックダニエルのロックで祝杯。テキーラも良いけど、これもなかなか乙なものですよ。

さて、酔いに任せてキーボードを叩いてみようかと思う次第。

BGM は fra-foa 『宙の淵』。何を隠そう、ここのドメイン 88171.net はこのアルバムの規格品番 TFCC-88171 に由来してるわけで。リリースは2001年、俺が高2の時だったんだけど、ようやく 1st アルバムが出るってんで、今は亡き藤沢 Tahara で速攻予約して鼻息荒くゲットしたのをよく覚えてる。小遣いはたぶん一般的に見て少ない方だったので、アルバム1枚3,000円ってかなりの痛手だったと思うんだけど、当時は本当に値段なんてどうでも良かった。

今年 Amazon で 2nd (そして、ラスト)アルバムの『13 leaves』が中古で出てるのを見つけて買ってみたんだけど、音楽的には(商業的にも?)ものすごく成長が見られるものの、でもやっぱり 1st の衝撃には到底及ばなかったなぁ。よくエモコアだとかグランジだとかでジャンル分けされるけど、(そもそも音楽のジャンル分けなんて何の意味もないと思ってることはさておき)やっぱり三上ちさ子の描く哲学的な歌詞と全身で響かせる声と、それを支える荒削りでファットなサウンドは唯一無二だと、軽く10年以上経った今でも思う。

どうせいつか焼かれ

この体も灰になるなら

使って使って使って使って使って使って

使い切って捨てるさ

宙の淵 / fra-foa

よく言われる「中高の多感な時期に受けた感銘がその人の人生を決定付ける」というのは間違いなく真実だと思うよ。今でも聴いてて泣けてくる。たとえ高二病と言われようとも。

ohkawa の人生観の半分は fra-foa で出来ています。


さて、音楽話ついでにもう一つ。本当に申し訳ないことに CD の1枚も買ってないのに、気がついたら人生のキーワードみたいになってたフレーズがこれ。

中学の僕が今の僕を見たらば

尊敬はされるのか?

クロール / GAKU-MC

当時は本当にグダグダで、自分が一体どんな人間なのかもわからず、柄にもなくワルい分野に首を突っ込んでみたりして、親や先生や友人に無駄な(本当に無駄な)心配をかけたり、挙げ句泣かせたりもした。若気の至り、という言葉で済ませるのは簡単だけど、その為だけにある言葉なんだろうな。中学の「僕」が今の「僕」を見たらば、きっと尊敬されるだろう。でもその前に全力で、助走をつけて、そいつを殴り飛ばしたい。たぶん、それで全部伝わる。


この三十年、陳腐な言葉だけど、本当にいろいろあった。新たな出会いがあり、忘れられない別れがあり、人生の転機があり、成功もあり失敗もあり。ほんのこの1年に限って見ても、転職し、7年ぶりに地元に戻り、妹が結婚し甥が生まれ、また新たな出会いもあり。

転職について言うと、前職でがっつり学ばせてもらった段取りとか交渉とか、そのへんの政治的スキルを全力で総動員して退職交渉を進めたことについては、正直ちょっと後ろめたくも思ってる。俺のワガママでいろんな人に迷惑もかけたろう、間違いなく。でもこれは俺の人生で、極論すれば、俺の生きたいように生きなければ意味がないんだ。俺自身がその意味を感じられることが一番重要なんだ。だから、許してね。お陰で今はシステムエンジニアとしてやりたかった仕事が出来てるよ。

結果的に地元に戻ったことで、友人とふらっと呑みに行けるようにもなったし!

男三十、まだまだこれからよ!という気持ちはありつつ、ギャーギャー言いながらも(?)ちゃんとに子供を育ててる妹夫婦を見ると、よくわからない生物学的な焦りは正直あったりする。妹のお陰で親(主に母親)からの「死ぬ前に早く孫の顔見せろや」圧力もパタッとなくなったんだけど、逆にそれが焦りを煽ってたりもする。でもまぁ、今の独身貴族的な生活も悪くない、というか存分に謳歌してるので、良い出会いがあればねぇ、という完全に丸投げな感じ。で、きっとそのまま何もなく年食ってくんだろう。それもまた俺の人生。


三十年、生きてきたんだなぁ、とちょっとしみじみ。元来計画性とかさらっさらない人間なので、常に、たった数年先でさえ見通しは持ってないんだけど、そんな人間でもその場その場の選択の積み重ねで三十年、生きてこれるもんなんだね。そして、俺はあと何年、生きられるんだろうか。あと何年、生きたいだろうか。20年?30年?それとも、永遠に?10年後もこんな風に、しみじみ考えているんだろうか。それとも、結構あっさりこの世に別れを告げているんだろうか。本当に守るべきものができたら、たとえば子供でもできたら、それを機にガラッと考えが変わるもんなんだろうか。俺が生きている限りこのドメインは維持するので、コメントよろしく、10年後の俺。


書きながらちびちび呑んでたつもりだけど、気付いたら軽く千鳥る程度に回ってきたし、もうなかなか良い時間だし、この3連休の怠惰な生活が祟ってか猛烈に眠くなってきたので、このへんでー。

最後に、メールやら SNS やらでメッセージくれた皆、愛してるぜ!皆のお陰で、幸せな人生が送れてます。