88171.net

2008-05-08

結局オレが得たものなんて、単に後出しジャンケンでたまたま勝ち取っただけに過ぎないんだよ。そもそも本当に勝ち取りたかった/勝ち取らなきゃならなかったものは、ジャンケンするずっと前に、そこから消えて無くなってたわけだし。それが消えてしまった経緯は、オレには知りようがないし、知ったところで今更どうにかなるものではないし、だからこのオレが、必死に無い頭を振り絞って考えたところで、まったくの無意味だということは十二分に承知してはいるのだけど、それでも、オレに与えられた最後の言葉を、字面通り、馬鹿正直に受け止めれば、「ならばもう一度」と思わずにはいられなかったのだけど、それを発することなど到底できなかった、そんな抑圧された言葉が、やるせなさとしてオレの頭を重くしているのだけど、それでも明日も早いし、ジャンケンは続くし、生きていかねばならないので、重い頭を抱えたまま、眠ります。

もう、自分でも何を言いたいのかわからん。