88171.net

2008-03-24

最近 gwarek の Gentoo の調子が悪くて、USB だろうが PS/2 だろうがキーボード挿してると X が起動に失敗するっつー状態になってた。つか Gentoo は地雷があまりにも多すぎるんで、ついに耐え切れなくなって Ubuntu (Gutsy Gibbon) に乗り換えちまった。

SATA の RAID1 は絶対要件だったんだけど、SATA RAID Howto のとおりにやってもうまくいかずハマった。まぁポイントとしては、一回 RAID アレイをクリアしてやらないとデバイスが認識できなかったってことと、debootstrap 叩いたらカーネルと dmraid と grub 入れて速攻で再起動してからのんびり環境作ってった方がいいってこと。焦って先に ubuntu-desktop とか入れようとすると、大抵デーモンの起動に失敗して dpkg のエラーの嵐になるから。あと、どうしてもオンボードのサウンドカードが認識できないんだけど、これは USB オーディオアダプタに逃げた :-(

とりあえず音楽聴けて scim-prime で日本語入力できて compiz でぷるんぷるんぐるんぐるんできるようにはなった。ホームディレクトリはそっくり twist に退避してたのをごっそり戻したので、とりあえず日常生活には困らない程度に。

ちなみにパーティションは / (75GB) に swap (1GB) のみという漢らしい構成。ほら、細かく切ると絶対どっかしら心細くなるんだよ、経験上。