88171.net

2006-02-11

mutt 移行完了

mutt への移行がほぼ完了.

今現在 Debian のパッケージに入ってる 1.5.9i だとマルチバイト対応なので,特に日本語関係で躓くことはない.ただ端末で日本語が入力できないと多少不便なのだが,uim-fep でサクっとパス.

二つの IMAP アカウントを使い分けるために,今のところは単純に設定ファイルを二つ用意してそれぞれ -F してる.ちなみに ~/.screenrc で

screen uim-fep -e mutt -F うんたら
screen uim-fep -e mutt -F かんたら

とかするとウマー.

SMTP は Debian のパッケージに入ってる msmtp を使う.man に mutt での設定例が載ってるので助かる.

一番の懸案事項だったのは spam フィルタリングだったわけだが,幸い鯖側で X-Spam-Status なりを付けてくれているのでそれに頼ることにして,Mutt tweaks for Spam filtering を参考にハイライトするようにする.そんでマクロを書いて一発で spam フォルダに突っ込めるようにすれば,まあそれなりに耐えられるようにはなった.耐えられなくなってもまだ手はあるし.

あと引っ掛かったことと言えば,login 認証の鯖に繋ぎに行くときに何故か

gnutls_handshake: A TLS packet with unexpected length was received.

とかいうエラーが出てミスることくらいなわけだが,これは

set ssl_starttls=no

で解決.

なんつーか,Wanderlust や Mew とインタフェースは (感覚的には) 変わらないのに,どうしてこんなに使い易く感じるんだろう.俺が隠れ vim 派だからか?