88171.net

2004-11-02

ミーティング.この団体は一体どうすべきなんだろうか.やるべきことがなくなったら潰してしまった方がいい,というのは OB の談らしいが,まったくその通りだ.惰性で続けたとしても,それはメンバー (多くの場合,その一部) に負担を強いる結果にしかならない.

そもそも,ある短期的なプロジェクトの延長として発足した団体なので,ここまで存続しているのが逆に奇跡というべきだろう.それもこれも歴代の代表がワンマン (良い意味でも,もちろん悪い意味でも) だったからこそであるのだが,俺はその流れを継げる器ではない (裏方の仕事に向いているから) し,継ぐ気も毛頭無い (ワンマンの下で振り回される辛さを知っているから).それに世代が変わって俺がリタイアすると,最低限組織を回すために必要な仕事をできる人間がいなくなる (後輩を教育してカバーするのは簡単ではないだろう).そして慢性的な人手不足.明るい要素は何もない.

結局新しいプロジェクトに取り組む方向でまとまったわけだが,これも組織から見れば所詮延命措置でしかない.これは後輩たちが中心になって進めるだろうから,俺はサポートに回りつつ,同時に厳しい現実も突き付けながら,彼らの出方を見守るしかないだろう.

つまらん文章だ.