88171.net

2002-08-03

俺の部屋と親父のパソコン部屋は隣同士。且つ、親父の部屋は、確実に後から増設されていて(うちが越してくる前に)、俺の部屋と親父の部屋は異常にでかい窓で繋がっている。それを考慮して、エアコンは俺の部屋にしかない。

そして、普段から会社のエアコンに慣れて腑抜け切った親父が喚く。

父:えあこんえあこんえあこんえあこんえあこんえあこんえあこんえあこん…

俺:何を抜かすか!まだ室温は34℃しかないではないか!この腑抜けめが!

父:えあこんえあこんえあこんえあこんえあこんえあこんえあこんえあこん…

かくして俺は、不覚にも今シーズン初めて、エアコンの電源を(そう、スイッチではない。「電源」を)入れることとなった。

俺は断じて負けたわけでは無い。

俺は夕方から出掛ける用事があるのだ。

精精一人で涼を楽しむが良い、親父よ。

さっき居間に下りてテレビに目を遣ると、家が海の中を邁進しておりました(下半分水に浸かって)。

いや、NHKの「地球に乾杯」つー番組の話。何でも、チリのとある地方には、家を牛や船に曳かせて、文字通り「家ごと」引越しをする慣習があるらしく、その様子をやっていたわけです。

最初見たときは、船の上に家建ててそこに住み着いてワイドショーを一時騒然とさせたあのおっさんが復活したのかと勘違いしました。

その慣習、かなり古い伝統があるようで、家一軒動かすのに村総出で作業するそうです。

それにしても、牛12頭に曳かれた家が広い牧場の芝の上を優雅に爆走する姿を見て、牛を馬鹿にしてはいけないと思いました。兎角スタイリッシュな馬と比較され、何処と無く野暮ったいイメージを持たれがちな牛さんですが、実はとっても力持ち。

日本語には可笑しなもので「馬力」などという単語がありますが、金輪際使うのは止めましょう。明日からは「牛力」です。

単位の計算は簡単。12牛力=木造家屋一軒を動かせる力

まあ、とっても具体的でわかりやすいわ!これなら白金のマダムも大満足!!